ハロウィンっていつ?2017年の日にちは?読めば全容がまるわかり!

ハロウィン

ここ最近になって日本でもハロウィンというものがクリスマスのように毎年の恒例イベントとして確立されつつありますよね。

実際に秋になると企業がこぞってハロウィンにちなんだ商品やイベントを行うようになってきたので目にする機会が多いと思います。

それでもまだまだハロウィンについて?マークが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

今年2017年のハロウィンの日にちはいつかご存知ですか?

ハロウィン=かぼちゃと仮装?

何のためにこのようなことをやってるのかいまいちよく分からないですよね。

今回はハロウィンについて詳しく見ていきましょう。

これを読めばハロウィンの全容がまるわかりします。

 

スポンサードリンク

 

2017年のハロウィンっていつなの?

今年2017年のハロウィンは

10月31日(火)

になります。

ハロウィンはクリスマスと一緒で毎年同じ日にちに開催されています

意外と日にちまで知っている人はまだ少ないようですね。

今年も来年もハロウィンは毎年10月31日と覚えておきましょう。

 

日本でのハロウィンシーズンはいつからいつまで?

ハロウィンの本番は毎年10月31日ということは分かりましたね。

しかし実際日本でのハロウィンシーズンはもっと早い時期からやっています。

 

有名なところでは

  • ディズニーランドのハロウィンイベントは9月8日~10月末まで開催
  • USJのハロウィンホラーナイトは9月9日から11月5日まで開催
  • お菓子メーカーなどの企業もハロウィン商戦を始めるのが9月上旬からが一般的

ハロウィンではお菓子の他にもグッズなど多岐に渡って売れるため、今ではバレンタイン商戦を超える売上規模にまでなっているんです。

これはまさにビジネスチャンスなわけです。

今後はハロウィンソングなんてものが流行ったりする可能性もありますね。

というわけで日本でのハロウィンシーズンは9月上旬~10月末頃までとなります。

 

いつ頃からこんな大きなイベントになったのか?

渋谷

ハロウィンがここまで大きなイベントになったのは、1997年10月31日に東京ディズニーランドが行った「ディズニー・ハッピーハロウィーン」という仮装した入園者が集まるイベントがきっかけになります。

さすがアメリカから来たテーマパークだけありますよね。

いち早くハロウィン文化を日本に持ってきたのがディズニーランドです。

その後2000年10月31日の「Happy Halloween Twilight Parade」では、仮装した400名の入園者とディズニーのキャラクターがパレードをするイベントが開催されました。

2001年以降は10月中に開催されるイベントとなり園内パレードも行われました。

今では9月上旬から始まる秋の大きなイベントとして誰もが知っています。

 

原宿表参道では子供を対象としたパレードが行われるようになりました。

六本木でもパレードが始まりお台場、スカイツリー、池袋などでも仮装イベントが行われています。

最近では渋谷の街に仮装した若者があふれるようになりました。

これはSNSによって写真などが拡散されたことが大きな要因です。

この様子を見た外国人までもが日本に来て参加するほどになっています。

普段はなかなか出来ない仮装という非日常を、みんなで一緒に楽しめるということが、ここまでハロウィンを大きく盛り上げている要因ではないでしょうか。

しかしハロウィンとは何のために仮装したりお祭りしたりするのでしょうか。

次の章で詳しく見ていきましょう。

 

ハロウィンとは?

かぼちゃ

本来のハロウィンとは

  • 秋の収穫をお祝いしたり
  • 悪霊を追い出すための行事です

もともとは宗教的な意味合いが強かったのですが、今では宗教色は薄れ単に仮装したりお菓子をもらったりするお祭りごととして、主にアメリカなどの英語圏で広まっていきました。

その文化が日本にも入ってきて少しずつ定着してきたのです。

 

ハロウィンの由来は?

儀式

ハロウィンの由来は2000年以上前にさかのぼりヨーロッパの古代ケルト民族によって行われたのが起源となります。

  • 昔ケルト民族の間では10月31日を1年の終り11月1日を新年の始まりと考えられていた
  • 年末になると秋の収穫を祝い新年と同時に冬を迎えるための儀式を行う習慣があった
  • ケルト民族にとって10月31日はこの世とあの世が繋がる日
  • この日は日本でいうお盆と同じで先祖の魂が家に帰ってくると信じられていた
  • しかし先祖の魂が帰ってくると同時に悪い悪霊が子供や作物を連れ去ってしまうとも考えられていた

そのためハロウィンは悪霊払いの儀式としての意味合いも強かったのです。

 

ハロウィンと呼ばれる意味は?

キリスト教

ハロウィンはもともとキリスト教の儀式とは無関係です。

しかしハロウィンの言葉にはキリスト教の意味が含まれます。

キリスト教では11月1日を諸聖人の日(全ての聖人と殉教者を記念する日)として祝祭日に定めていました。

 

  1. 英語では11月1日を「オール・ハロウズ(All Hallows)」

  2. 10月31日はその前夜祭で「オール・ハロウズ・イヴ(All Hallow’s Eve)」

  3. これが略されて「ハロウィン(Halloween)」と呼ばれるようになった

 

キリスト教はケルト民族を支配しましたが、この年末の儀式だけはケルト民族の間に根強く伝わり取り去ることが出来なかったため、止むを得ずこの儀式がキリスト教に取り入れられるようになったのです。

 

スポンサードリンク

 

ハロウィンとかぼちゃの関係は?

ジャック・オー・ランタン

ケルト民族の間では悪魔祓いをするために仮面をかぶったり魔除けの焚き火を炊いていました。

これが後に「ジャック・オー・ランタン」の伝説と混ざり、かぼちゃの中身をくり抜いて火を灯すものになっていくのです。

もともとヨーロッパではかぼちゃではなくカブを使ってランタンとして使用していました。

この儀式はアイルランド、スコットランドからアメリカに伝わったのですが、アメリカではカブよりもかぼちゃの方が多く収穫されていたため、かぼちゃを使うのが一般的となり広まっていきました。

しかし今でも本場スコットランドではカブでランタンを作っています。

 

かぼちゃの名前はジャック・オー・ランタン?

悪霊を追い払うためにかぼちゃを怖い顔にくり抜いて魔除けとして飾ります。

このかぼちゃは「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれています。

「ジャック・オー・ランタン」とはアイルランドやスコットランドに残る言い伝えです。

昔ジャックという男がいました。

ジャックは人を騙して悪いことばかりしていました。

あるハロウィンの夜に地獄から来た悪魔と出会います。

悪魔はジャックの魂を取りにやってきました。

観念したジャックは魂をやる代わりに最後の酒を飲みたいと悪魔にお願いします。

悪魔は最後の酒ならばとコインに変身して酒代の代わりになります。

しかしジャックは銀の十字架でコインを押さえつけ財布にしまいこみます。

困った悪魔は元に戻るために10年間はジャックの魂を取りに来ないことを約束します。

 

それから10年が経ち再びジャックの元に悪魔が魂を取りに訪れます。

ここでまたジャックは最後に木になっているりんごの実が食べたいと悪魔にお願いをします。

悪魔はこれで最期だとりんごの実を取ってあげようとしますが、ジャックがナイフで木に刻んだ十字架を見て動けなくなってしまいます。

またしても悪魔は解放してもらうためにもう二度とジャックの魂を取らないと約束します。

 

時が経ちジャックは寿命を迎えます。

ジャックは生前の行いが悪かったため天国へ入ることは許されませんでした。

仕方なくジャックは地獄に入ろうとしますが、悪魔との約束によって魂を取ることができないため地獄へ入ることもできません。

来た道を引き返すジャックでしたがあまりの暗さに「灯りが欲しい」と悪魔にお願いをします。

悪魔は地獄の炎をジャックに分けてあげます。

炎が消えないようにジャックは道端に転がり落ちていたカブをくり抜いて灯をともすようにします。

このカブのランタンを持ってジャックは行くあてもなくずっとこの世とあの世の暗闇をさまよい続けているのです。

このジャック・オー・ランタンの伝説とケルト民族の儀式が混ざってハロウィンではかぼちゃをくり抜いて火を灯すようになったのです。

 

どうして仮装をするの?

仮装

ハロウィンではお化けなどの仮装をするのが一般的ですね。

どうしてこのような仮装をするようになったのでしょうか。

ケルト民族にとっての10月31日はご先祖の霊と一緒に悪い霊がやってくる日でもあります。

お化けに仮装することは魂を奪いにきた悪霊に対して、自分たちが人間だということを気付かれないようにするための方法なのです。

(関連記事)ハロウィン初心者女子必見!可愛いくて人気の仮装をご紹介!

 

お菓子

またお化けに扮した子供たちにお菓子をあげる風習の由来は、家の中に悪霊が入ってこないようにするために始まっています。

「トリック・オア・トリート」と言って子供たちは近所の家を回って歩きます。

 

英語 「トリック・オア・トリート」  →  訳 「いたずらされるかお菓子をくれるか」

 

いたずらされては困ると大人は子供たちにお菓子を配ります。

悪霊に機嫌よく帰ってもらうためにこのような風習ができたのです。

 

まとめ

ハロウィンは毎年同じ日の10月31日に開催されます。

日本でのハロウィンシーズンは9月上旬~10月末頃までとなります。

アメリカの文化を20年前にいち早く東京ディズニーランドがイベントとして行ったのがきっかけで、徐々に日本にも広まるようになりました。

ハロウィンはもともと秋の収穫祝いと悪霊を祓うために行われていたものでしたが、現在ではアメリカでもそのような意味合いは薄れひとつのお祭りごととして楽しむものに変わっています。

ハロウィンのシンボルのかぼちゃや仮装は悪霊を寄せ付けないために行っているものでした。

アメリカでは仮装した子供たちが近所の家をまわり「いたずらされるかお菓子をくれるか」といってお菓子をもらう習慣があります。

日本でのハロウィンは大人も子供も普段出来ない仮装を堂々とできることや、パレードに参加してみんなで同じ時間を楽しむことを目的としています。

以上がハロウィンの全容になります。

あなたも是非今年のハロウィンで仮装にチャレンジしてみたらいかがでしょうか。

 

【関連記事】2017年渋谷ハロウィンはいつから?着替えやトイレの場所は?

【関連記事】ハロウィン初心者女子必見!可愛いくて人気の仮装をご紹介!

【関連記事】川崎ハロウィンの歴史とは!2017年の交通規制は?

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加