浴衣の美しい着方とは?女性に人気の帯の結び方は?

夏のお出かけの際、必ず一度は目にするのが浴衣を着ている女性。

日本では数は少ないものの必ずしもとても珍しいと言う光景ではありません。

ですがついつい浴衣姿を目で追ってしまいます。

やっぱり素敵ですよね。

私事ですが浴衣を購入して着てみたいなという気持ちはあるんですが、実は旅行先でしか着たことがありません。

夏しか着ないしなぁとか、結構値段もするのかなぁとか、何よりも買っても着付けを自分でする自信が無いということと、保管場所。

浴衣とは私にとってとてもハードルが高いものなのです。

でもここ数年でプライベートブランドやファストファッションブランドのリーズナブルな浴衣が登場して価格の面では若者も挑戦しやすくなっていますよね。

今回は今年の夏は浴衣を着て花火大会に行こうと思っている女性に、少しでも浴衣の良さを知ってもらえるように色々調べてみたので参考にして下さい。

 

スポンサードリンク

 

浴衣を着ると決めたらまずは準備から!

1da76cb0c0b8ba56541a44de9ff88005_s

いざ着てみようと思った時にあれがない!これがない!とならないようにしたいですね。

・浴衣

・帯

・腰紐(2本から3本)

・下駄(最近では和風のサンダルもあるようです)

・下着(つけなくても良い)

付けるならワイヤレスやスポーツブラ、金具がついていないブラトップなどが◎。

・肌着(着た方がよい)

 浴衣スリップが◎。その他、持っているスリップ、キャミソール、ペチコート、ステテコ(無地)でもよいそうです。

 *肌着のメリット*

★汗を吸う★浴衣の色が薄い場合は透けるのを防ぐ★万が一、着崩れしてしまった時のことを考慮して★下半身用の下着は浴衣が体に張り付くのを防ぐ

・スポーツタオルサイズ(2~3枚)

 腰部分で1枚、胸の下で1枚は必要になります。

 浴衣は普段の洋服とは違って理想は寸胴です。タオルは補正に使用します。

上記の物が最低限あれば浴衣を着ることが可能です。

 

女性に人気の帯の結び方4選!

057ad2b16d8f8972bd25bfa2defa43b4_s

浴衣を着る上で着方と同じくらい考えてしまうのが帯の結び方。

これに関してはかなりの人がちゃんと結べるか不安ではないでしょうか。

もちろん初めから完璧に出来る人なんていませんが、どうやら少し練習すれば簡単なものは一人でもなんとかマスターできるようです。

まずは基本を学んでいきましょう。

文庫結び

帯の結び方の基本は「文庫結び」と言われる結び方だそうです。動画はこちら↓

文庫結びでも十分可愛いです。年齢は問わないおすすめで安定の結び方だそうですよ。

蝶々結び

辻が花

慣れてきたらこんな結び方も個性的でした↓

帯マウス

帯の結び方はたくさんあるので基本の文庫結びをマスターしたら他の結び方も是非チャレンジしてみて下さいね。

どうしても帯をうまく結ぶ自信がない!という人の為に、なんと既に出来上がっている作り帯というものもあります。

作り帯の付け方の動画はこちら↓

作り帯なら結べなくても安心ですね。

 

女性が美しく見える浴衣の着方のポイントは

18c6aa5a24cb0e6f9126f07c8d60900d_s

せっかく浴衣を着るのです。浴衣を着こなすことで女性の魅力もアップさせましょう。

女性にとって浴衣の着崩れはNGです。

  • 着崩れしない為にはまず浴衣を着るときにできるだけシワを作らないことと体のラインに合わせず凹凸を作らないことです。先ほど書いた“寸胴”が理想。
  • 衿元は右を下にして左で覆うように着ましょう。

首の後ろと浴衣の衿部分がくっつかないよう、げんこつ1つ分くらい開けることで女性らしくみえるようです。それを「衿を抜く」と言うそうです。

衿元が一番着崩れしやすいという声もあり、あまり抜きすぎると着崩れを起こすので注意してください。

  • 浴衣の長さはくるぶしが見えるくらいが美しいそうです。その時にペディキュアなどしているいと更に素敵ですね。

念のため着崩れしにくい浴衣の着方の動画を載せておきます↓

 

スポンサードリンク

 

女性が浴衣で出かけるときに気を付けたいことは?

09d69c740455941ac8811b9e1702f6cd_s

なんと言っても作法です。

浴衣は普段の洋服とは違います。一つ一つの行動をいつもより控えめにして下さい。

  • 大股で歩かず、小幅で少し内股に歩くと良い。
  • 椅子に座るときは浅く腰掛ける。地べたに座る場合は生地を引っ張られないように気を使いましょう。

普段通りの行動をしていると着崩れの原因となってしまいます。

この時ばかりは控えめで古風な日本らしい女性を目指しましょう。

次に持ち物について。

あると便利、持っていた方がよい持ち物を紹介します。

  • お財布(できるだけ小さいものに)
  • 携帯電話
  • 下駄擦れを起こした時の為に絆創膏2枚以上
  • ティッシュ・ハンカチタオル
  • 小さめのスーパーの袋(ゴミが出たときに便利です)
  • 余裕があればウェットティッシュ
  • 水(ミネラルウォーター)
  • うちわ
  • 安全ピン、又はクリップ(浴衣の着崩れを起こした時の応急処置に活躍するそうです)

(※重いものはバックの中に。軽いものは浴衣の帯の間や袖の部分に入れられます。財布や携帯電話など大切な物を身に着ける場合は落としても分かりやすいように鈴等をつけておくと良いです。)

浴衣と言えばバックは和風の巾着が理想ですが、近場ならともかく特に花火大会などのときはそんな小さな入れ物では収まらないのが現実です。

カゴバックなら浴衣とも相性が良いそうなので荷物がつい多くなってしまう人にはおすすめです。

人混みこそトラブルはつきものですよね。後悔しないよう必要なものを吟味して持っていきましょう。

 

まとめ

夏のイベントに浴衣で参加したいと考えている人は、当日焦らないようしっかり事前に準備をしましょう。

浴衣を美しく着るには着崩れしないような着方も大切。

そして控えめな動作も重要になってきます。

慣れないうちは気疲れしてしまうかもしれませんが、是非自分のお気に入りの一着を見つけて楽しんでください。

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加