川崎ハロウィンの歴史とは!2018年の交通規制は?

ハロウィンパレード

ハロウィンといえば東京ディズニーランドや渋谷が熱いですけど、川崎のハロウィンパレードが日本最大級だってこと知ってました?

川崎ハロウィン、通称「カワハロ」には人々を呼び寄せる歴史があるんです。

古くからずっと地道に活動してきたことで参加者や見物客があとを絶ちません。

お金を払ってまでみんなパレードに参加しているんですよ。

あなたも一度体験してみたくありませんか。

今回は川崎ハロウィンの歴史や2018年パレード当日の交通規制などについて詳しくみていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

川崎ハロウィンの歴史とは?

ハロウィンの歴史

今年2018年で第22回を迎える「川崎ハロウィン」。

なんと22年もの歴史があったのです。

その歴史の始まりとは。

 

1997年10月31日に初めて「カワサキ・ハロウィン・パレード」が開催されました。

きっかけは川崎駅東口エリアにあるイタリアのヒルタウンをイメージした街「ラ チッタデッラ」の映画館「チネチッタ」の10周年記念イベントとしてなにか出来ないかと発案されました。

総合プロドゥースしているのは株式会社チッタ エンタテイメント。

当時はまだハロウィンというものが何なのか知らない人が世の中の大半でした。

この当時流行っていたレイブ(ダンス音楽を一晩中流す大規模な音楽イベント)というのもにハロウィンパレードを融合しようということでむりくりながらもスタートしたようです。

 

時を同じくして1997年は東京ディズニーランドでも初めてのハロウィンイベントが開催された年でした。

今では日本のハロウィンの火付け役としてディズニーランドと並ぶ川崎ハロウィンですが、第一回目のパレード参加者を集めるのは非常に困難だったようです。

ハロウィン自体の認知も低くまったく無名のパレードのため、告知をしても興味を示す人は少なく、パレード直前になっても参加者が集まりませんでした。

当時の告知はチラシが主流だったので外国人が集まる六本木や横須賀の米軍キャンプまでチラシを撒きにいくという努力をしたようです。

そしてなんとか開催にこぎつけることができ当日パレードに参加したのは150人、しかしその半分はさくらだったという話です。

 

前途多難な始まりでしたがメディアに取り上げられるなどして川崎ハロウィンは徐々に注目されるようになりました。

第2回目の参加者は650人、第3回目は1500人、第6回目は2500人と、年々パレード参加者が増えたことで2005年からは定員制にして現在においても事前予約が必要となっております。

参加者が増えることにともなって第1回目は1万人だった見物客も第2回目には2万8千人、第7回目には5万人、第10回目には10万人を超えどんどんと増えていきました。

一昨年2016年には約2500人のパレード参加者と13万人以上過去最多の見物客が押し寄せていましたが、昨年2017年は台風接近により開催直前にやむなく中止が決定という残念な結果に!

しかし、現地では台風にも負けずパレード参加を予定していた若者たちが仮装をして来場者を楽しませていました。

まさに川崎ハロウィンはこうした長い歴史を踏んで日本最大級の大規模パレードとして成長してきたのです。

 

2018川崎ハロウィンパレード交通規制は?

 

10月28日(日)13:30~16:00頃まで(予定)

  • 新川通り
  • 市役所通り
  • 駅前京急線高架下通り

上記の通りがハロウィンパレードのために一部区間車が通れなくなります。

 

駅近くで安い駐車場は

 

タイムズステーション川崎

収容台数:236台

料金:30分 200円(当日1日最大料金1500円)

※パレード当日は混雑が予想されます。

 

 

スポンサードリンク

 

パレード参加申し込み方法と料金は?

 

ハロウィンパレードとキッズパレードは事前に参加申し込みが必要となります。

参加申し込みスタートは9月1日(金)から。

 

ハロウィンパレード

参加費用:1,000円(事前入金)

参加資格:小学生以上

定員:2,500名

※申し込み時に仮装のテーマや内容を伝える必要があります

 

キッズパレード

参加費用:1グループにつき1,000円

参加資格:小学生未満(親子での参加ができます)

定員:各回500名

※子供と保護者のどちらも仮装が必要です

 

参加希望の方はLivepocket ticket(ライブポケットチケット)にて会員登録をして申し込みとなります。

https://t.livepocket.jp/

 

定員に達した時点で申し込みは終了となります。

 

パレードの日程と場所は?

 

キッズ・パレード

日程:10月27日(土) 1回目12:00~ 2回目13:30~ 3回目15:00~

会場:銀座街 → 銀柳街 → ラ チッタデッラ

 

ハロウィン・パレード

日程:10月28日(日)14:30~16:00

会場:川崎駅から始まり駅東口エリア一帯を1.5km練り歩き川崎駅まで戻ってきます。

 

受付方法

パレード本番1時間~30分前になると参加者の受付が始まります。

電子チケットでの受付となるので携帯に表示したQRコードを見せて参加受付をします。

その後はスタート地点にて待機することになります。

 

仮装するために着替える場所はある?

トイレ

パレード参加者のために着替え用の更衣室がしっかり用意されています。

以下をご参照ください。

 

ラ チッタデッラ

 

川崎ルフロン

 

川崎モアーズ屋上ビヤガーデン

 

東田公園

 

まとめ

 

今回は川崎ハロウィンの歴史について詳しく見てきました。

第1回目は20年も前の1997年に開催されていて今年2018年はなんと第22回目のカワハロになります。

毎年たくさんの参加者や見物客で賑わい日本最大級のパレードといわれるようになりました。

是非一度生の川崎ハロウィンパレードを体験してみてはいかがでしょうか。

ハロウィンパレード当日は一部車両規制によって車が通れなくなりますのでご注意くださいね。

 

【関連記事】2018年渋谷ハロウィンはいつから?着替えやトイレの場所は?

【関連記事】ハロウィンっていつ?2018年の日にちは?読めば全容がまるわかり!

【関連記事】ハロウィン初心者女子必見!可愛いくて人気の仮装をご紹介!

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加