読書感想文書き方の見本は?入賞作品から学ぶ書き方のコツは?

夏休みの宿題で頭を悩ます、読書感想文。

どの本をするか決め読んだはいいけど、どうやって書いたらいいか頭を悩ませている人はいませんか?

小学生の頃から読書感想文は必ず夏休みの宿題にあるのに、毎年書き方に悩んでいる人も多のではないでしょうか。

読書感想文は書き方のコツをつかめば、思ったより簡単に書き上げてしまうことができるのですよ。

読書感想文の書き方で悩んでいる人のために、簡単に正しく読書感想文を書くためのポイントを紹介します。

 

スポンサードリンク

 

読書感想文を簡単に書くためには?

中見出し1

まずは読書感想文を書くにあたっての手順から説明します。

手順を知っておくことで、読書感想文も簡単に書くことができます。

手順は必ず頭の中に入れておきましょう。

⒈本を選ぶ

読書感想文を書くのですからまずは題材となる本を選びましょう。

ここでの本選びに失敗すると、読書感想文はとても書きにくいものになってしまいます。

選び方のポイントは、「読みたいと思える本」にすることです。

いい文章にするために、興味のない難しい内容の本を選ぶ必要はありません。

自分の興味、関心のある分野の本を選び、楽しく読書ができれば読書感想文はとてもかきやすくなります。

読んでいて、楽しくない本はいくら読み進めてもいい感想文は書けないので、本を選び直すといいでしょう。

⒉付箋でチェック

感想を書くために、ポイントとなる箇所に付箋をしましょう。

手ぶらで読書をしていては、興味ある箇所や関心のあった箇所、感動した箇所などたくさんになると忘れてしまいますよね。

ふせんでチェックしながら読むことで、感想を書くときに、書きやすくなりますよ。

また、小学生のうちは絵本など読む本も短いものでよかったですよね。

中学生になると読む本も小学生に比べ長いものになります。

ですから、数日間にわけて1冊の本をじっくり読む場合はその日ごとに読み終わった箇所までの感想を書いておきましょう。

一気に読んでしまう場合は章ごとに感想をかいておくと感想文を書くときに役に立ちますよ。

読書感想文を書いていて、引用したい文章があったけど、どこにあったかな?と探すことがありませんか?

この手順で本を読み進めれば、重要な箇所にはふせんでしるしもついているので、探すのも簡単になりますよね。

また、感想もあらかじめメモしてあるので、あとは今までの感想を参考に文章をつなげると簡単に書くことができますよ。

 

読書感想文の正しい書き方のコツは?

中見出し2

読書感想文にはパターンがあります。

それを覚えておくことで正しい感想文が書けるようになります。

① 題名

② 前書き

③ 感想

④ 結び

このパターンを覚えておきましょう。

コツはこのパターンにそって、①から順番にうめていくことです。

① 題名を考えるときのコツ

題名ですが「○○を読んで」「○○を読んで思ったこと」などが無難で書きやすいでしょう。

ですが、無難すぎてありきたりなので、少し言葉をひねってみるとより感想文らしい、いい題名になります。

「読んで」の部分を「出会って」に変えるだけで「○○という本に出会って」となり題名も少し素敵になります。

このように、少しひねりを加えることが題名を考えるときのコツです。

② 前書きのコツ

前書きを書くときのコツですが、その本を読んだ理由で始めると1番書きやすいでしょう。

また、自分が1番印象に残った文章を冒頭に持ってくることで感想文に読者をグッと引き込むことができるますよ。

③ 感想を書くときのコツ

感想部分を書くときのコツですが、あらすじにならないように気をつけることです。

読書感想文を書いていると、どうしても本のあらすじを長々と書いてしまう人が多いのです。

どのような内容の本だったかをはじめに簡単に書いておきそこからは、印象的だった感動した場面をぬきとり感想を書いていきましょう。

④ 結びのコツ

最後の結びを書くときは、読み終わっての感想を書くと書きやすくなります。

例えば本を読んだ前と後で、あなたの考えに何か変化はありませんでしたか?

そのように考え方や気持ちに変化のあったことを書くといいでしょう。

このように部分ごとに書き方のコツがあるので参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

読書感想文中学生入賞作品を見本に分析しよう

中見出し3

良い読書感想文を書きたいときは、過去の入賞作品を読んでみるといいでしょう。

金賞 『光に向かって100の花束』を読んで

渡邉慶子さん(三重県・中学3年生)

私がこの本を見つけたとき、帯の「大切な忘れ物を届けに来ました」という言葉が私の目を引きつけました。大切な忘れ物とはいったいどういうことなんだろう。そう思ったとたん、自分はとても大きな忘れ物をしているのではないかという気持ちになりました。このコンクールに応募することは決めていましたが、どの本にするのか決めていなかったところに、とても大きな課題が目の前に現れたようでした。私は迷わずこの本を読む事に決めました。
この本は、中学3年生の受験という大きな壁を乗り越えるためのアドバイス、そしてこれからの自分の人生のためになる言葉ばかりでした。当たり前のこと、自分で分かっていること、そんなこともたびたびありましたが、どれも行動に移せていないものが多かったです。しかし、そんな私でも今日から実践してみようと思えたのは、過去の実体験を読んでとても心に響いたからでしょうか。本当にあったからこそ、自分と重ね合わせて大切な忘れ物を取り戻すことが出来ました。

私がとても大きな忘れ物だと思ったことは2つあります。1つはにこやかな笑顔と明るい挨拶をすることです。これも大切だと知らなかったわけではないですが、この2つのことで世の中を幸せにできるなんて思ったことはありませんでした。しかし、この言葉を自分の生活にあてはめてみて不思議に思ったことがありました。
店員さんに、にこやかな対応をされると、こっちまで笑顔になったり、朝、友達と元気に挨拶を交わすと、眠気も吹き飛び、晴れ晴れとした気持ちで1日が始まったり、学校から帰る途中に、近所のおばさんから「おかえり」と言われると、ほっとしたりします。

当たり前に過ごしてきた毎日の中に、こんなに嬉しいことがあふれていました。しかも、笑顔と挨拶の力が大きいことにも気が付きました。笑顔で接してもらって、挨拶をされて嫌な気分になる人なんていません。むしろ、私のように幸せな気持ちになるのだということにも気付かされました。

この話の最後に「少なくとも1日に1人を喜ばせよ」というシドニー・スミスの言葉があります。一日一善という四字熟語もありますが、私はあまり意識したことがありませんでした。しかし、これから心掛けて行こうと思います。こんな些細なことで人を喜ばせることが出来るなんて、やらなければもったいないのではないでしょうか。

もう1つの忘れ物は最後の最後に見つかりました。「難の難 乗り越えてこそ 光あり」、この言葉で100番目の物語が締めくくられていました。私にとってこの忘れ物は大きすぎたのかもしれません。しかし、私が今挑んでいる受験の壁に、いちばん値するものではないかと感じたものでした。人間は、つい楽な方、楽な方へと進んでしまう傾向にあると思います。もちろん私もその1人ですが、振り返ってみると楽な方を選んで満足したことは1度もありません。

しかし、その逆は体験したことがあります。特に強く感じたことは中学校の定期テストです。頑張ったら頑張った分だけ力が付いてきますが、「このぐらいでいいだろう」と、諦めたテストには恐ろしい結果が返ってきました。受験もこの定期テストを応用したものだと思います。

今、私が過ごしている夏休みでも、遊びたい、勉強なんてやめたい、そんな気持ちになることは1日1回では収まりませんが、そんな気持ちに打ちかってこそ、自分が満足する結果が得られるのだと思います。だから、難しい問題や自分の弱い心に負けそうになっても、強い心を忘れずに努力していきたいです。
この他にも、たくさんの忘れ物をしていました。しかし、この段階で見つけることができたのだから、見つけた忘れ物を無駄にせず、これからの人生に活かしていきたいと思います。また、落としてしまう前にこの本を読み返し、より充実した生活を送っていきたいです。

1万年堂出版読書感想文コンクールより引用

このように入賞した作品を読んでみて、どのような構成で書かれているのかを分析してみるとパターンが見えてきます。

  • 最初にこの本を読もうと思った動機

  • 自分への課題が見つかる

  • そして気付きがあり、心掛けたいことを知る

  • 過去を反省し、明日からの希望と目標を持つ

これらを自分の読書感想文に当てはめて、文章を書いていくと良い読書感想文になりそうですね。

同じ中学生の作品を読んでみるのも、書き方の参考になるのでオススメですよ。

 

まとめ

読書感想文は取り組みにくいと思いがちですが書き方のコツをつかめばスラスラ書けてしまうものです。

取り組みにくいからと後回しにするのではなく計画的に読書をして感想を書き溜めておくととても書きやすくなります。

読書感想文用に読書をするときはふせんを持って本を読むのをおすすめします。

この記事を参考に読書感想文に取り組んでみてください。

 

 

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加