太ももをさすると痛いのはセルライトが原因?撃退するには?

女性ならある日、何気なく太ももを触ったときに、太ももにでこぼこしたものがあることに気がついた、という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

はじめてこのでこぼこに気がついたときに触ると痛いし、何かの病気かな?と心配になる人もいますよね。

実は、このでこぼこの正体は「セルライト」なのです。

セルライトって聞いたことはあるけど一体何者なのか?撃退する方法はあるのか?

そのようなことに疑問を持ちますよね。

この記事では、そんなお悩みにお答えしていきます。

 

スポンサードリンク

 

セルライトって何?

中見出し①

まずはセルライトっていったい何なのか?ということをお話します。

セルライトの正体について詳しく知っておくことで対策もしやすくなります。

セルライトとは簡単に言えば、皮下脂肪が肥大化したものです。

太ももなどにできる、ブロック状の組織で、表皮にでてくるでこぼこしたもののことを言います。

できやすい場所は、太ももに限らず、お腹やお尻などにもできやすいと言われています。

セルライトは代謝が悪くなること、冷えやむくみが原因でできやすいと言われています。

代謝が悪くなると言うことは太りやすくなりますよね。

代謝が悪くなり、脂肪が体に蓄えられると、セルライトも増えるということなのです。

また冷えが原因で、体の中の水分が増えるとむくみの原因になります。

むくみを放置していると、老廃物と脂肪が結合していきセルライトになるのです。

セルライトの正体がいったい何なのか、なんとなくでもお分りいただけたでしょうか?

普段の生活の中で意外と簡単にセルライトは増えるのです。

 

太ももにセルライトが出来ると痛いのはなぜ?

中見出し②

セルライトができると、触ると痛いということを経験したことはありませんか?

私も結婚したことで気が緩んでしまったのか、一気に太ってしまったことがありました。

今まではなんともなかったのに、不意に太ももを触ったとき痛みがあったので、とても驚いたことがあります。

それでは、なぜセルライトは触ると痛むのかをお話します。

大きくなったセルライトはリンパ管をつまらせます。

リンパの周りには多くの血管があります。

セルライトが大きくなることで、血管を圧迫し痛みを感じるのです。

リンパはとても重要な役割があり、体に不要な老廃物を回収したり、栄養素を身体中に届けてくれるのです。

セルライトがリンパをつまらせると、老廃物が排出されにくくなっていくのです。

すると、セルライトがまた増えていくことにつながります。

増え続けたセルライトは、セルライト同士が詰まった状態になります。

詰まったセルライトは、おしくらまんじゅうをしている状態になり、触ることでお互いを押し合い痛みが生じるわけです。

 

スポンサードリンク

 

セルライトを撃退するには?

 中見出し③

そんなセルライトですが、みなさん撃退したいと思うのではないでしょうか?

セルライトの基本的な解消方法はというと、セルライトの塊をしっかりもみほぐすことで、柔らかくしてリンパに流すという方法です。

リンパをマッザージし、セルライトを流すことや、むくみを予防し新たにセルライトをつくらないことが重要になってきます。

私も長年セルライトには悩まされたのですが、自分ではどうしたらいいのかわからず、リンパマッサージに月に1回通ってみることにしました。

そこでセルライトが気になると相談したところ、お家でもできる簡単なケア方法を教えていただきました。

その方法を実践したところ硬くでこぼこだった太ももが、徐々に柔らかくなってきたのです。

柔らかくなってきたなと感じたころには、鏡に映った太ももが明らかに細くなったと感じることができるようになりました。

お家で続けたケア方法はとても簡単でした。

自宅での簡単ケア方法

お風呂にゆっくり浸かって、太もものセルライトを潰すイメージでマッサージをすることです!

この方法は「お風呂でマッサージをする」ということが重要になってきます。

なぜそこが重要なのかというと、お湯に浸かっていると身体が温まることで、セルライトも一時的に柔らかくなります。

柔らかくなったセルライトは潰しやすいのです。

ですから、誰でも簡単にセルライトを撃退することができるわけなのですね。

お風呂から上がってからも保湿を兼ねて、保湿クリームやオイルなどでマッサージするのも効果的ですよ。

食事でのケア方法

また、アルカリ性の食事を取り入れることで、セルライトができにくくなります。

アルカリ性と言われるといったいどんな食事なのわかりにくいですよね。

また、美味しくなさそうな感じがしますよね。

実はとっても身近な食べ物なのですよ。

野菜やフルーツがアルカリ性の食べ物なのです。

ですから、日頃から野菜やフルーツも積極的に、食事に取り入れるようにするだけでも効果は期待できますよ。

 

まとめ

セルライトの正体や撃退法をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

長い時間をかけてできてしまったセルライトは、なくなるまでにもかなりの時間と労力を費やします。

その日できたむくみはその日のうちに、セルフマッサージをして解消しておくことや、冷えを予防し代謝をよくすることで日々セルライトを撃退したいですね。

 

 

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加