快適な湿度って何パーセント?夏と冬の快適な温度は?

子育てをしていると、家の中にいても室温や湿度などが気になりませんか?

私も夫婦二人で暮らしていたときは、そこまで気になりませんでした。

しかし、子供が生まれてからは室温や湿度が気になるようになりました。

そこで室温計や湿度計を準備し毎日チェックするようにまでなりました。

子供が風邪を引かないように、インフルエンザなどの感染症を予防するためには乾燥させないことが必須ですよね。

だからと言って、あまりにも湿度を上げすぎてしまうと逆に過ごしにくくなりますよね。

湿度のコントロールって難しい…

そのように思っている方のためにこの記事では、子供が快適に過ごすための湿度ってどのくらいがいいのかをお話します。

 

スポンサードリンク

 

快適な湿度って何パーセント?

中見出し1 (1)

快適な湿度と言いますがみなさん「湿度」っていったいどのようなものか知っていますか?

まずは湿度について簡単に説明します。

【湿度とは】

湿度とは空気中に含まれる水分の量のことを言います。

雨が降ったあとや梅雨時期に「なんか、ジメジメする」と感じたことはありませんか?

雨のときは空気中の水分は増えますよね。

そのため、湿気を感じジメジメした感じになるのです。

逆に、晴れの日が続くとカラっとした感じになりますよね。

晴れが続くと空気中の水分は少なくなり湿度が下がるわけなのです。

湿度がいったい何かわかったところで、快適に過ごすためにはどのくらいの湿度がいいのかお話します。

人間が快適に過ごすには、湿度を40〜60%の間に保つことがよいと言われています。

湿度が40%以下になると、乾燥している状態になります。

目や肌やのどなどに乾燥を感じ始めるのも40%以下です。

インフルエンザなどのウイルスも乾燥した空間を好むため40%以下になると活動しやすくなるのです。

ウイルスが乾燥を好むなら、病気を予防するには湿度が高いほうがいいのでは?と思うかもしれませんがそうではありません。

60%を超えると今度はカビやダニの原因になります。

カビやダニが繁殖することで、アレルギーや喘息などの原因になってしまいます。

ですから、40%〜60%の間の湿度を保つことで、風邪や病気にもかかりにくくカビやダニも防ぐことができるのです。

 

快適な湿度を保つ方法とは

中見出し2 (1)

「快適に過ごすには40〜60%の湿度を保ちましょう」と言われても湿度は目に見えないのでどうやって保てばよいかわかりませんよね。

私も子供のために湿度を保とうと思いました。

ですが部屋の湿度が今どのくらいなのかわかりませんでした。

そこで利用したのが、湿度計です。

まずは湿度計を部屋に置くだけで、今の室内の湿度がどのくらいなのかがわかります。

すると加湿するのか除湿するのかの目安になりますよね。

湿度計を設置する際には、注意が必要です。

窓辺やドア付近、天井や床付近は部屋の中でも比較的湿度が高いのです。

それ以外の場所に設置することをおすすめします。

湿度計が設置でき目安となる室内の湿度がわかれば、あとはコントロールするだけです。

おすすめなのはエアコンを使うことです。

エアコンを使うことで簡単に湿度を調節することができます。

エアコンを使って換気をこまめに行うことである程度の湿度の調整は可能です。

この方法でも、快適に過ごせる湿度にならないことも、天候の具合によってはあるものです。

そんな時は除湿機や加湿器を使って、コントロールするようにするといいでしょう。

私は冬場寝る時に乾燥が時に気になるのですが、みなさんはどうでしょう?

寝て起きたら、「喉が乾燥して痛い!」というような経験はありませんか?

乾燥が時に気になる時に私がよく使っている方法を紹介します。

  • 枕元に濡れタオルを干しておく

洗濯もののタオルを寝る前に枕に近い位置に干しておくだけで、喉の乾燥は防げます。

  • カーテンに霧吹きをする

寝室のカーテンを霧吹きで少し湿らせておくことも、乾燥を防ぐのには有効です。

寝る時に、エアコンをつけて寝る人はこのような方法を加湿器に加えてするだけでも快適に寝ることができますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

快適な温度は?夏と冬では?

中見出し3 (1)

快適に過ごすためには、湿度も重要ですが温度もまた重要です。

夏場暑いとついついエアコンの温度を低く設定しがちですが、子供がいると低く設定しすぎるのはよくありません。

夏場ですと28度程度の室温に保つと、子供は過ごしやすいですよ。

冬場も寒いからとつい部屋を暖めすぎてしまうのではないでしょうか?

私も自分が寒がりなのでつい暖めすぎてしまうのですが、子供がいる家庭では室温を20度前後になるように保ちましょう。

その室温が子供達にとっては過ごしやすい温度なのです。

私もこの温度を知ってからは、エアコンの温度を低くしすぐたり、暖かくしすぎたりしないように気をつけるようになりました。

子供が快適に過ごせる温度設定をするように心がけてみてくださいね。

 

まとめ

子供がいると湿度や室温は気になるものです。

まずは、室温・湿度計を準備しましょう。

目安となる室温や湿度になっているか確認しやすい場所におくようにするといいですよ。

部屋の温度や湿度に気をつけ子供が病気にかかりにくい、過ごしやすい環境づくりをしてあげてくださいね。

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加