脂性肌対策!男性のオイリー肌はヤバイ?原因と改善方法とは?

いつも顔がテカテカしていたり、ヌルヌルしている顔の男性は、女性から見てもあまり良い印象ではありません。

本人にとってもいつも気になってしまい、気分が良いものではないですよね。

人よりも皮脂が多くてお悩みのあなたへ、

脂性肌って、一時的な状態だと知っていましたか?

きちんとお手入れをすれば、改善されるんです。

いつ見られても、素敵な肌の状態がいいですよね。

今回はオイリー肌のあなたに原因と対策をお伝えします。

 

スポンサードリンク

 

脂性肌とは

脂性肌2

脂性肌とは、オイリー肌、オイリースキンとも呼ばれます。

肌質は、「普通肌」「乾燥肌」「乾燥性脂性肌」「脂性肌」の4つに分けられます。

この中で、水分量と皮脂量が多いのが、脂性肌です。つまり、皮脂の分泌が過剰になっている肌の状態のことをさします。

この、脂性肌は変わらないものではありません!

あくまで、一時的な状態だということをご理解いただきたいと思います。

遺伝という傾向があることゼロではありませんが、加齢、外部の環境や生活習慣、スキンケアの方法で肌の状態が決まります!

肌のテカりやベタつきに加えて、ニキビや吹き出物ができやすい状態になっています。

ニキビは、余分な皮脂が毛穴に詰まってしまい、細菌が繁殖することにより、炎症がおきている状態です。

脂性肌の人は皮脂が多いために、毛穴が詰まりやすく、ニキビができやすいのです。

 

脂性肌になる原因は

脂性肌3

食事

脂肪分が多いものを控えましょう!

バターや脂身の多い肉類、チーズ、卵、生クリームなどはNGです。

また、ファーストフード、スナック菓子など、高カロリーで栄養バランスの悪いジャンクフードなども、脂質が多いので取りすぎはNGです。

脂肪分は皮脂の分泌の増加につながるだけでなく、毛穴を詰まりやすくするともいわれています。十分注意が必要です。

ホルモンバランスの乱れ

不規則な生活習慣を見直しましょう!

皮脂の分泌に関わっているのが、男性ホルモンの「テストステロン」と「アンドロゲン」です。このホルモンは、女性の身体にも存在します。

何かが原因でこのホルモンバランスが崩れると、男性ホルモン2つの分泌が過剰になり、皮脂の分泌が多くなってしまうのです。

睡眠不足はお肌の大敵!!なんて聞いたことありませんか?

睡眠不足になると、自律神経が乱れてしまい、男性ホルモンが増えてしまう原因になります。規則正しい生活を目指しましょう!!

ストレス

現代社会においてストレスはつきものなのかもしれませんが、身体がストレスを感じると、男性ホルモンが増加してしまいます。

そうなると、上記でも説明しましたが、皮脂の分泌が過剰になります。

間違ったスキンケア

ゴシゴシ洗いしていませんか?

テカテカするのを防ごうとして、洗顔をやりすぎてしまうと、皮脂を落としすぎてしまいます。

皮脂や角質層には、肌の水分の蒸発を防いだり、菌から守る役割があります。

ゴシゴシ洗ってしまうと、必要以上に取り除かれてしまうのです。

そうすると、乾燥しやすくなり、それを防ごうと皮脂の分泌が増加します。

悪循環でしかありません。洗いすぎには注意が必要です。

遺伝

脂性肌は、遺伝の可能性が関係していると言われています。

人によって、生まれつき皮脂腺が大きい場合があり、皮脂の分泌も多くなります。

 

スポンサードリンク

 

脂性肌の対策は

脂性肌4

食事

上記でも説明しましたが、まず、食べ物でコントロールしましょう。

わたしもお菓子や、脂っこいもの、ジャンクフード大好きですが、まったく食べない!というのはストレスなので、過剰摂取せずに、適度に食べるように心がけています!

ビタミンB.Cを多くとるようにしましょう。

納豆・イワシ・まいたけ・アーモンド・卵・うなぎ などに多く含まれます。

生活習慣

次に、生活習慣ですね。

しっかり睡眠をとり身体を休めましょう。

ストレスを解消することが大切です。

部屋の湿度にも気をつけることです。

部屋が乾燥していると、お肌も乾燥してきます。

肌の乾燥を防ぐために皮脂がたくさん分泌されてしまいます。

部屋に加湿器を置いたり、なければ濡らしたタオルをハンガーにかけて置いておいたり、容器に水をはり、部屋に置くだけでも湿度は上がります。

まずは、自分の部屋の湿度を知るために、湿度計を置くようにしましょう!

保湿

あとはお肌の保湿をしっかりすることです。

皮脂の分泌が多いから、保湿はしなくていい。この考えはアウトです。

肌が乾燥しているから、肌を守ろうとして皮脂の分泌が過剰になります。

なので、保湿をしっかりすることで皮脂の分泌を最小限にすることが出来るのです!

もしあなたが脂性に本気で悩んでいるのであればこちら↓の商品がおすすめです

まとめ

脂性肌5

脂性肌を改善するためには、生活習慣、食べ物を気をつければいいという事が分かっていただけましたか?

わたしも少し気を抜くと、テカテカしたお肌になってしまいます。

わたしの場合、ほぼ睡眠不足が原因なのですが・・・。

逆にとらえると、今、自分の身体はストレスが溜まっている状態だということです。

分かりやすいシグナルですね。自分なりのストレス発散方法を見つけて、解消していきましょうね。

そして、サラサラ肌で毎日が送れますように・・・。

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加