「妊娠中~出産まで」夫にできることや心構えまとめ!

初めてママになる方は、きっと不安がいくつもあるんじゃないでしょうか。

かく言う私もその中の一人です。

今回は特に夫に考えてもらいたい、妊娠中にできることや心構えについてお話します。

 

スポンサードリンク

 

実は知らないだけ?夫にも考えて欲しい妊娠と出産のこと

妊娠中 夫

新米パパによくあること

パートナーが妊娠していることがわかると、嬉しいもの。

周囲からお祝いの言葉もいただいて、最初の大きな喜びを感じる瞬間ですね。

ママが妊娠して徐々におなかが大きくなって、胎動がわかるようになると「赤ちゃんがお腹の中にいる」ことに感動する夫は多いと思います。

ですが、忘れていませんか?

ママは日々、ホルモンバランスが変わっていく中で体調不良やストレスを感じるのです。

ママの変化

妊娠することによって、ママはいろんな体の変化があります。

おなかが大きくなるのは当然ですが、目に見えにくいものの方が多いのです。

代表的なのは「つわり」ですが、便秘や下痢、熱っぽさや眠気などその体調変化はママによってさまざま。

また、メンタル的にも敏感になりやすくウツになったりイライラしてしまうママも少なくありません。

悪意のないストレス

ママの変化はたくさんあるけれど、夫が気付きにくいものも多いです。

だからこそ、夫はママを知らず知らず傷つけてしまったりプレッシャーを与えてしまっているかもしれません。

「ごはんまだ?」「また寝てたの?」「○○さんの奥さんは出来てるのに」「いつから働ける?」など、夫にとって”出来て当たり前”といった言動がママにはストレスになっていることもたくさんあります。

「妊娠すること」をたくさん知っていきましょう。

ママが感じるストレスとは?

先述の通り、ママはたくさんのストレスを感じています。

その一例をご紹介します。

つわり

つわりと一言でまとめられがちですが、その種類は様々。

食べ物やお米が炊けるにおい、タバコのにおいなどに敏感になるにおいつわり。水分を摂ることもままならない吐きつわり。眠気を感じる眠りつわり。

他には食べ物の好みが変わったり、何か一つのものしか食べられなくなる、

など。

家事

掃除や洗濯など、おなかが大きくなってくると物理的に困難になってきます。

骨盤が弛み、赤ちゃんを生みやすい準備を体がはじめることによる腰痛や体重増加、肩こりなど、疲れやすい状態になります。

睡眠

眠りつわりを先に挙げましたが、逆に眠りにくくなることもあります。

おなかが大きくなったことによって仰向けに寝るのがつらかったり、落ち着く姿勢が決まらないとなかなか寝付けないことも。

出産

出産に対するストレスも大なり小なりあります。

元気に生まれてきてくれるかな、陣痛ってどのくらい痛いのかな…など。

ママから夫に相談することもありますが、中には言えないママもいます。

夫もママのストレスと向き合おう

妊娠から出産まで、その日数は10ヶ月間もあります。

赤ちゃんが生まれるまでの間、夫のサポートでママと赤ちゃんにとってすごしやすい環境をつくってあげましょう。

ただ、闇雲に何かすればいいわけでもありませんから、そこはママにきいてみましょう。

お洗濯は簡単なようで、結構な重労働です。

水気のあるお洗濯物を干す、というのも大変だったりしますから、必要に応じてコインランドリーの利用をしてみては。

においつわりがきているママには食事の支度は困難です。

普段は気にならないにおいにも敏感になっているので、お米の炊けるにおい、生もののにおい、油のにおいなど、台所にはにおいがたくさんあります。

食事が出来ていないことを責めるのではなく、帰宅前などにママに連絡を入れてみてはどうでしょう。

買い出しも荷物が多いと転倒などのリスクがあります。

必要に応じて宅配してもらったり(スーパーの宅配サービスも便利です)、最近はお惣菜も美味しいものがたくさんあります。ママの食べられるものを聞いていれば、買って帰ってあげましょう。ママのストレスも負担もぐっと減らすことができますよ。

毎日のお掃除も大変です。特に中腰になってする作業の一つ、掃除機掛けは腰を痛める原因になりますし注意が必要です。

お掃除の間隔を減らしたり、夫も手伝うなどの声掛けをしてみてくださいね。

食事の後片付けなども喜ばれるでしょう。

ママと赤ちゃん

おなかの中にいる時から赤ちゃんのことに愛情と興味を持ってください。

ママはおなかの中にいる赤ちゃんを守ろうと、無意識に行動している分とせもデリケートになっています。

「生まれてくるまで自分には何もできない」と思わず、赤ちゃんの成長をママから聞いたり、ただママのおなかをさすってみたりしてください。

些細なことですが、ほんの少しのスキンシップですが「二人で待っているんだよ」という気持ちがママにも伝わってママも安心できますし、なにより夫は胎動を感じることができます。

 

スポンサードリンク

 

私が実践していることは

 

次は我が家の場合を少しだけ。

夫は転勤が多く、家には私とおなかの赤ちゃんだけ。

実家がすぐそばにあるので、お買い物などは実家にお世話になることがほとんどです。

普段一緒にいないからか、夫は生活費や生まれた後の私の再就職について意識を向けがち。(悪気がないのはわかっていますが…)

もっと他のこと…特に出産する時のことにも気付いてほしい!

そう思った私は、以下のことを実践しています。

産婦人科に行ってきたよ連絡

毎日なにかしら連絡は取り合っているので、産婦人科に行ってきたらその時のことを言うようにしています。

それも、できるだけ細かく。

妊婦さん対象のセミナーを受けた時などは他のママともお話する機会がありますから、その時のことを言います。

一人一人いろんな不安を抱えていることや、先輩ママから聞いたことなど。

陣痛や出産のことを話す

夫は出産についてしっていても、それは痛みを伴う、という一般的に広く知られている部分だけです。

なので、陣痛から出産までの痛みだけではなくその時のママの状況や心理など、不安だという気持ちを伝えました。

私がお世話になっている産婦人科ではラマーズ法ではなくソフロロジー呼吸法を推奨しています。

ソフロロジー呼吸法とは、痛みは出産するための必要なエネルギー、とポジティブにとらえ、イメージトレーニングを繰り返すことによって出産への不安を取り除き、赤ちゃんのことを想いながら気持ちを落ち着けて出産するための呼吸法です。

ママの呼吸(酸素供給)が足りないと、へその緒から酸素をもらっている赤ちゃんまで酸素が行き届かず、酸欠を起こしてしまいかねないのです。

まして、ママによっては破水や陣痛でパニックになることもある出産。

昔に比べリスクが減っている現代ですが、ママと赤ちゃんの痛みは今も昔も一緒だということにも目を向けてほしくて、我が家の夫にはあれこれと説明しました。

つわりや体調変化について

私はつわりはほとんどなかったのですが、やはりにおいなどには敏感になっていたようで、ダメな時はダメ、と伝えていました。

日中も眠たくて睡眠を多くとった時は素直に伝えることも大事です。

目に見える不調ではないので、ママは自分から伝えましょう。(気付いてもらえると嬉しいのですが、夫には気付かれにくいです)

母子手帳を見せる

これを実践しているママはあまり多くないかもしれませんが、母子手帳や一緒にもらえるママダイアリーには多くの情報が書いてあります。

また、日々の体調変化を記入しておけば直接言わなくても、夫もママの体調変化に気付くことができます。

スキンシップを増やす

胎動が感じられるようになってきたら、ふとした時におなかをさわってもらうようにしました。

最初は私自身にしかわからなかった胎動が徐々に夫にもわかるようになってくると、その過程で夫は赤ちゃんの成長を感じることが出来ていたようでした。

おなかをさわっていてもらうと私も安心できましたし、夫もパパとしての心の準備をするのにはいいのかもしれません。

 

まとめ

夫には夫の、ママにはママの心の準備が必要だと思います。

不安なことは一人で抱え込まず、パートナーに話していくことが大事です。

パートナーにききにくい場合は親や、気心の知れない友人に相談するのもいいでしょう。

「知らない」ことほどもったいないことはありませんから、夫も、ママも、赤ちゃんのことや出産のことを知ることに積極的になって、素敵な10ヶ月を過ごしてくださいね。

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加