産後のお腹の黒ずみキレイにしたい!原因とケア対策は?

女性にとって妊娠や出産はとても嬉しいことです。

いろんな不安や心配もあるとは思いますが、無事に我が子の顔を見た瞬間に、何よりも幸せを感じることでしょう。

ただ、無事に出産できたとホッとし、自分のお腹を見たときに、多くの方がショックを受けるのではないでしょうか。

妊娠線、たるんだお腹の皮膚、正中線と呼ばれるお腹にできる線のような黒ずみ。

さらには、シミやそばかすも妊娠前よりも増えているかもしれません。

子供のために綺麗なママでありたい!

と、誰もが思う反面、この体の変化に戸惑いも隠せないですよね。

産後の変化してしまったお腹のケアに困っているみなさまに、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

  スポンサードリンク

 

産後にお腹が黒い原因は?

DF99C227-81F2-4517-9AEE-E04CCBDBAC81

そもそも、なぜ出産後にお腹に黒ずみができるのでしょうか。

その原因は、妊娠すると増える女性ホルモンにあります。

妊娠中に増える女性ホルモンは、シミやそばかすの原因になるメラニンの生成を増やす働きをします。

そのため、メラニンが生成されることで起こる色素沈着が、お腹の黒ずみや、乳首が黒くなる原因となっているのです。

妊娠中の女性ホルモンは、子宮を大きくしたり、胎盤を作ったり、乳腺の発達を促す働きをしてくれる、とても大切なものです。

でも、赤ちゃんのために大切な働きをしてくれる女性ホルモンが、黒ずみの原因だなんて、少し戸惑ってしまいますよね。

そんなときは、反対に考えてみましょう。

お腹に黒ずみができたら、しっかり女性ホルモンが赤ちゃんのために分泌されているんだな、赤ちゃんを守ってくれているんだなと。

そう思うと、体の不安が赤ちゃんへの安心に変わりますよ。

 

お腹の黒ずみはどうしたらいい?

DADDA680-C61A-4B05-904B-1DFCD51E53BE

出産の証しのように、お腹にできた黒ずみですが、産後女性ホルモンが妊娠前の量に戻っていくと、自然に薄くなっていきます。

出産で胎盤が無くなると、妊娠を継続しなくてよくなるので、女性ホルモンは量が減っていき、だいたい半年くらいかけて妊娠する前の状態に戻っていくのです。

それに伴って、メラニンの生成も減っていくので、お腹の黒ずみも徐々に薄くなっていきます。

なので、消えないのではないかと、あまり不安にならなくても大丈夫ですよ。

ただ、個人差がありますので、完全に消えるとは言い切れません。

もし、早くきれいな肌に戻って欲しい、できるなら早めにケアしていきたい!と言うのであれば、美白効果があるビタミンC誘導体の化粧水などが良いです。

あとは代謝をよくして、新しい肌に生まれ変わらせるために、妊娠中に使っていた妊娠線予防のクリームなどで、マッサージするのもいいですね。

どちらにしても、保湿することと、美白ケアが大事です。

さらには、自分に合った適度な運動で、血行を良くするといいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

産後ぷよぷよになったお腹のケア対策は?

4282060E-7327-45B9-A933-CE3B0B77FD9A

お腹の黒ずみと合わせて、妊娠前の状態に戻していきたいのが、大きくなって縮んだお腹のお肉ですよね。

出産直後にすぐ元に戻るわけでもなく、放っておくとなかなか元どおりにはなりません。

これは出産した女性のほとんどが1番に悩む部分ではないでしょうか。

産後1ヶ月は産褥期といって、体を休めてあげたい時期ですが、悪露なども落ち着いてきて、1ヶ月をすぎたら少しずつ運動して筋肉をつけていった方がいいでしょう。

出産した体は産後6ヶ月あたりまでは、元に戻りやすいそうです。

骨盤矯正や適度な運動で、たるんでしまったお腹を引き締めるのは、この時期に行った方がよさそうですね。

実際、私も産後2ヶ月頃から整体に行かせてもらい、骨盤矯正をしてもらいました。

やはり、産後の体はボロボロだったらしく、私の場合は下半身がとても冷えてしまっていると言われました。

下半身の冷えは、女性にとって体全体の不調に繋がるようで、肩こりや腰痛があった私も冷えが良くなかったみたいです。

足を温めるようにして、夏の家の中でも靴下をはくようになってからは、少しずつですが腰痛も無くなってきた気がします。

その延長で、足を温めることで体全体の代謝が良くなるので、お腹のお肉に引き締めや、筋力アップに繋がるのではないかと、私は実践していました。

お腹は本当に少しずつではありますが、たるみが目立たなくなってきています。

産後6ヶ月までに!と考えすぎず、保湿や筋力アップのための腹筋などを、自分のペースで行いましょう。

ぷよぷよとたるんでしまったお腹にも、保湿クリームは大切です。

クリームを塗りながら、合わせてお腹を引き締めるためのマッサージをするのもいいかもしれませんね。

あと、お腹の引き締めには骨盤矯正も効果的です。

産後に開いてしまった骨盤は、1ヶ月までは骨盤ベルトで締めておくのが良いといいます。

1ヶ月を過ぎてからは、整体に行くのもおすすめしますが、どうしても行けない人には、「お尻歩き」が骨盤を戻すのには効果的ですので、ぜひ試してみてください。

いろんな体操もありますが、お尻歩きはちょっとしたスペースがあればすぐ出来るので、テレビを見ながらでも簡単に行えますよ。

もしお金に余裕があるならマタニティクリームをおすすめします!友達が使って良いと言ってました!無料でサンプルをもらうことも出来るみたいですよ↓

 

まとめ

産後のお腹の黒ずみは、女性ホルモンの影響によるものです。

でもそれは、お腹の赤ちゃんのために、お母さんの体が働いている証拠です。

女性ホルモンは自分で制御できるものではありませんので、黒ずみができてしまうのも仕方ないこと。

なので、妊娠中からの保湿や産後のセルフケアがとても大切なのです。

子供が大きくなり、一緒にプールに行こうというときに、お母さんもキレイなお腹でいたいですよね。

黒ずみができる原因を、ちゃんと知っていれば、どんなケアが必要なのかも分かってきます。

産後1ヶ月が過ぎたら、適度な運動で新陳代謝を良くし、体を保湿・美白ケアして、お尻歩きで骨盤矯正です!

きちんとケアしておけば、いつまでも綺麗なママでいられますよ!

みなさん一緒に頑張りましょう!

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加