妊娠中のお腹やおしりなど乾燥によるかゆみをどうにかしたい!

妊娠すると、ホルモンバランスの変化により、体がそれまでとは違う反応を起こすようになります。

肌の乾燥もその1つです。

もともと乾燥肌の人も、そうでない人も、妊娠することによって、何らかの肌トラブルが起こることが多いようです。

乾燥によるかゆみから、湿疹が出て寝られないほどのかゆみになる場合もありますが、原因や対処法はどんなものがあるのでしょうか。

妊娠中なので、お腹にいる赤ちゃんに害のないよう、慎重に対処しなくてはなりませんよね。

かゆみと戦っている妊婦さんに、少しでも役に立てるよう調べてみましたので、参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

妊娠するとどうしてかゆくなるの?

2DF4F163-8BAC-4FC2-8751-6704C704C45E

妊娠する前は大丈夫だったのに、どうして妊娠すると肌トラブルが起こるのでしょうか。

原因についてはいろいろ考えられます。

  • ホルモンバランスが崩れるため
  • つわりによる食事のかたより
  • 体内の水分不足
  • 寝不足になるため
  • 精神的に不安定になるため
  • 免疫力が低下するため

たくさんの原因がある中で、とくにホルモンバランスの崩れは、女性の体には大きく影響を及ぼします。

肌トラブルとしては、皮脂を出す男性ホルモンの分泌が抑えられるために、乾燥しやすくなると言われているようです。

また、お腹の赤ちゃんのために、胎盤を作ったり、月経を止める、大量の女性ホルモンが分泌されるため、ホルモンバランスは大きく崩れ、普段とは違う反応が体に現れてくるのです。

あと、精神的な部分ですが、ストレスを溜め込むことも、体調や肌に大きく影響を与えます。

私もその一人で、妊娠初期の頃に、ストレスからか妊娠悪阻になり、さらにはお腹やお尻などがカサカサになりました。

まさに乾燥肌ですね。

ただでさえ辛い妊娠悪阻に加えて、全身のかゆみにはとても苦しみました。

妊娠中期になって、やっと落ち着いて、夜も寝やすくなりましたよ。

 

妊娠中のかゆみの対処法は?

41BF4538-0FF1-4B2A-94B0-345280CC937A

では、妊娠中の体調の変化からくるかゆみには、どう対処したらよいのでしょうか。

私の場合は、悪阻が落ち着いてからの、全身に妊娠線クリームを塗るケアで、だいぶ落ち着いたのですが、他にも方法はあるようです。

1.下着などの肌に触れるものは、出来るだけ肌触りがよくて、肌への刺激が少ないものを選びましょう

ぴったり体にフィットするものよりは、少しゆったりしたものにして、ポリエステルやレース素材よりは、コットンや綿のものが良いでしょう。

2.洗濯洗剤や柔軟剤をきちんと測って使用し、出来るだけ念入りにすすぐことです

妊娠中には肌の体質が変わっていたりするので、それまで大丈夫だった洗剤が、合わなくなっていたりすることもあります。

3.基本的なことですが、汗をかいたらすぐ着替えましょう

肌を清潔に保つようにするのは、とても大事ですからね。

4.急激な温度変化に気をつけることです

体が冷えてるからといって、急に熱い湯船に入ったりすると、かゆみが増してしまいます。

湯船もぬるめの温度がいいでしょう。

あと、かゆいときは冷やすと、気持ち的にかゆみがおさまるような気もしますが、実は急に冷やすのも良くないです。

人間は体が急激に冷えると、身体機能を保つために体温を上げるそうなので、逆にかゆみを悪化させてしまうのです。

ぬるめのお湯でタオルを絞って、使用するようにしましょう。

5.気持ちに余裕のあるときは、できるだけリラックスして過ごすようにすることです

ストレスや疲労は、体調を不安定にする原因としては、とても重大なものです。

かゆみ自体も、その程度によっては、かなりのストレスになりますよね。

できることなら、考えすぎず、ゆったり過ごすことが大切ですよ。

 

スポンサードリンク

 

かけばかくほどかゆくなるのはなぜ?

fat-3083968_640

自分の体がかゆいとなると、絶対かきたくなるのは当たり前で、そしてかいてしまいます。

ただ、かきすぎると、やっぱり悪化してしまいますよね。

かくことで摩擦が起きて、皮膚が熱をもつために、かゆみが増してしまうのです。

また、かきむしることで、肌がとても刺激を受けるので、かゆみはひどくなる、悪循環に陥ってしまいます。

もし、それがお腹なら、妊娠線ができてしまうこともあるようですよ。

やはり、肌への刺激が大きな原因としてあるみたいですね。

それを考えると、よく売られている妊娠線予防のクリームは、マタニティ専用になっているので、肌への刺激も考えられています。

市販のマタニティ用じゃないものよりは、専用の方が良いということになりますね。

月桃馬油マッサージオイルなら、妊娠初期の方にも、 敏感肌の方でも普段のマッサージオイルとして使用できます。
月桃馬油マッサージオイル

 

まとめ

妊娠することで、さまざまな体の変化が起こります。

体の乾燥によるかゆみも、その1つです。

主な原因は、ホルモンバランスの崩れとは言われていますが、あくまでも人それぞれです。

もともと、肌が弱い人は、妊娠中はとくに気をつけて、ケアが必要ですね。

そうでない人であっても、妊娠は女性の体の体質を大きく変えることもありますので、油断せずに、肌トラブルだけでも防ぐために、保湿ケアはしっかり行いましょう。

私の経験からも、お腹やおしりのかゆみ、また妊娠線予防は、保湿ケアがとても大事だと言えます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加