結婚式が会費制のときの渡し方は?新札やご祝儀袋は必要ない?

私のときは会費制ではなく、普通に結婚式を行いました。結婚式というより二次会といったほうが正確でしょうか。

「親族・友人のお披露目会」という感じでした。そこまで高級なホテルではなかったので会費制とかはなかったと思います。

では会費制の場合、会費を渡すときは新札が必要なのか、ご祝儀袋に入れるべきなのか?今日はこれらについてご紹介したいと思います

 

スポンサードリンク

 

結婚式が会費制のときの渡し方は?新札?ご祝儀袋に入れるの?

7ウェディング

会費制結婚式では、必ずしも新札を用意する必要はないとされています。これは「ご祝儀」として新郎新婦へお渡しするお金ではなく、あくまでも「会費」としてお支払いするお金だからです。

だからといってあまりにも、しわしわすぎるお札では失礼に当たります。使用感のほとんどないようなお札を用意しましょう。

もし時間があるのなら、新札を用意しておくのもいいでしょう。新札は日常生活ではそうそう出会わないものですよね。ちなみに、どこで変えることが出来るのかというと、銀行で変えることが出来ます。

では会費制結婚式で、ご祝儀袋は必要なのでしょうか。ご祝儀袋に入れて持参する方もたまにいらっしゃいますが、会費制結婚式の場合は、受付で中身を出してお渡しすることになります。

ご祝儀袋は自分で持って帰ることになるので、お財布から直接出してお渡しすればいいでしょう。

会費制の結婚式に出席するときに、その相手が自分の結婚式に列席してくれて、ご祝儀を贈ってくれたのであれば、会費以外に、ご祝儀を持参してもいいと思います。金額は自分が受け取った内容と同等くらいになるようにしましょう。

 

会費以外にご祝儀または品物を送るべき?

 6ウェディング

会費はいわば飲食代です。参加すること自体がお祝いの気持ちの表れになりますが、仕事などでお世話になっている相手には、もう少し気持ちを添えてお祝いしたいですよね。

単独でご祝儀やプレゼントでもいいですし、数人の連名でご祝儀を包んだり、プレゼントを贈るといいでしょう。

ゲストに負担をかけたくないと考えて会費制を選択している新郎新婦もいるので、会費制の披露宴でご祝儀を奮発しすぎると、逆に相手を恐縮させてしまう可能性があります。

金額や内容のバランスを考えて、お互い気持ちよくやり取りできる形でお祝いしましょう。

私は会費制ではなかったですが、親戚と主人の会社の皆様からドライフラワーのプレゼントをいただきました。

枯れないし、特に何もしていないのにきれいに咲いているのでとても気に入っています。

 

スポンサードリンク

 

結婚式が会費制のメリットとは

4ウェディングドレス

会費制のメリットとは、一定額をいただく会費制は来賓の負担金額が少なく、ご祝儀の金額を気にする必要がないので、気軽に参加できます。

主催側は事前に会費の総額を計算できるので、予算も立てやすいのもメリットといえるでしょう。食事がメインになるため、費用も抑えやすい方法です。

また、従来の結婚式(ご祝儀制)は、来賓のリストアップや席決めなど準備がありますが、会費制は人数が集まれば会費も集まるので、数にみあう規模の会場を選べば人数制限はありません。

また、手土産がいらないので、その準備の時間や出費を割愛できます。

そもそも結婚式と会費制の違いとは何でしょう。

来賓からいただく従来の結婚式(ご祝儀制)と異なり、定めた金額(会費)をいただく結婚パーティーを会費制結婚式、会費制披露宴といいます。

従来の結婚式ほど格式張っておらず、二次会ほどカジュアルなどではないので1.5次会とも呼ばれています。

会費制は来客の負担が、会費として1万円~1万5000円が多いです。来賓の傾向は友人がメイン。私は親族メインだったので会費制ではなかったですね。雰囲気はカジュアルです。

式の内容は、新郎新婦が来賓と一緒に食事を楽しむことと雑談がメインです。会食のスタイルは、ビュッフェがメインで、立食の場合もあります。手土産はなしか、プチギフトです。

私のときもたしか、カタログギフトでした。従姉妹の結婚式の時もカタログギフトでしたが、わたしが買えないものばかりで目移りしたのを覚えています。

カジュアルな内容になるため、主催者の盛り込んだオリジナルな式になることも可能です。アットホームな雰囲気で、気心知れた人たちだけを、呼んでもてなしたいというカップルに向いています。

私はブライダルフェスで主人が仕事でいけないときにいったのでとても不安でした。主人の親戚には会ったことがなかったので、どのようなものが好みなのかさっぱりわからずおろおろしてしまっていました。

会費もいいなと思ったのですが、2人とも友達が少ないということもありやめました。

特に引出物はさまざまな種類があり、どれくらいのものがよろこばれるか、カタログギフトにすればいいのか・・・。こういうところには2人でいったほうがいいですよ。

 

まとめ

結婚式は澄ましてしまいましたが、最近お互い太ってきたので「痩せたらフォトウエディングしようね」といっています。

会費制と聞くと敷居が高いように感じられましたが、そんなことないのですね。カジュアルだとやりやすいですね。

お金もあまり使わなくて済むし、打ち合わせの時間も節約できますね。

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加