20年以上悩んだ水虫が治った!よく効く市販薬クリームとは?

水虫

夏が近づくと水虫が気になってきますよね。

わたし自身も20年以上もの間水虫に悩まされ続けていました。

そんなわたしがこの市販薬に出会ったおかげで今までの苦労がなんだったのかというようにあっという間に水虫が治ってしまったんです。

今回はそんな悩みを解消できるよく効く水虫の市販薬クリームについてお話したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

よく効く市販薬クリームとは?

 

まず結論から言うとわたしの経験からすぐに治ったよく効く市販薬のクリームというのは

 

ラミシールATクリームです。

 

 

ラミシールは水虫の原因となる白癬菌を死滅させることが出来ます。

従来の市販薬には白癬菌自体を死滅させる力がありませんでした。

 

ラミシールはもともとアメリカで市販されていた薬で日本国内では病院の処方箋がないと手にすることが出来ないものでした。

それが2004年に日本国内でも一般医薬品として販売することができるようになったのです。

 

ラミシールにはテルビナフィンという成分が入っています。

カビなどの真菌による感染症が起こっている場合は病気の原因である真菌を排除することが治療になります。

テルビナフィンは真菌に対してのみ毒性を示すため人の細胞には作用しません。

特に白癬菌には対しては強力な作用を示すため水虫の治療には効果的です。

 

 

物心ついたら水虫になっていた

 

水虫かゆい

 

わたしの記憶ではもうすでに小学校の3年生頃には水虫になっていたと思います。

その原因は父親にあります。

父の両足は全面水虫に蝕まれており足の裏は皮がむけてボロボロでした。

 

その水虫がわたしにもうつったのだと思います。

わたしの場合は右足のみが水虫になっていました。

左足だけはなぜか分かりませんがまったくうつることがありませんでした。

 

そしてなぜか母や姉にも水虫はうつることは一切なかったのです。

 

父は毎晩お風呂上りに市販薬を塗っては治療に励んでいました。

その横でわたしも父の真似をして同じように薬を塗っていました。

 

それでも治療効果はまったく見えず、父は紫外線で水虫を治療する機械を買ってきました。

父もわたしもお風呂上りにはその紫外線を足の裏に照射して水虫菌をやっつけようと頑張っていましたがこれもまったく効果があらわれることはありませんでした。

 

それでもめげずに新しい市販薬が発売されるたびに薬を試してみたりしていました。

 

そしてわたしは市販薬を試しているうちに気付いたことがありました。

なんにもしない時よりも市販薬をつけたときのほうが足の裏の皮はボロボロになって汚くなってしまうということ。

 

わたしは人前で裸足になるのがとても嫌でした。

足の裏の皮がむけていて汚らしかったので人に見られるのがとても恥ずかしかったのです。

 

薬を塗っても治らない。

薬をつけるとかえって足の裏は汚くなる。

いつしかわたしの中で水虫は治らない病気で薬をつけると余計に酷くなるものという認識に変わっていました。

 

それ以来水虫を治療しようという気持ちは完全に消え失せていました。

 

 

スポンサードリンク

 

ラミシールに出会う

 

水虫の治療はすっかりあきらめていた頃、もうすでに水虫にかかってからから20年以上が経っていました。

そんな時たまたまネットで今まで日本国内で売ることが出来なかった水虫薬が発売できることになったという記事を見ました。

 

それを読んでみると今まで自分が使ってきた薬とは成分が違うので効果がすぐに出るとのこと。

「ちょっと試してみようかな」

治るかどうかは分からないけどあまり期待しないでネットですぐにラミシールを入手しました。

 

送られてきた薬は今まで使っていた薬となんら変わりがないように見えましたが毎晩お風呂上りに地道に塗るようにしました。

何日か経つと気のせいか水虫が減ってきているような気がしました。

 

「ん?これは効いているのかな?」

少し希望の光が見えてきてさらに薬を続けることにしました。

 

そしてなんと20年以上もの間悩まされ続けてきた水虫がわずかたったの1ヶ月で完治してしまったのです。

正直これにはかなりの衝撃でした。

 

早速この状況を父に知らせて同じ薬を実家の父に送りました。

そしてその結果、びっくりしたのは父も同じようにすっかり両足の水虫はきれいに治ってしまったというのです。

ずっと2人悩んできたのはなんだったんでしょうか。

 

もともと病院に行こうという発想がないあたりが2人してダメダメだったんですけどね。

これをきっかけに「水虫は治るんだ」とそういう認識に変わることができました。

 

もうこれはかれこれ10年以上前のお話です。

今ではラミシール以外にもテルビナフィン配合の市販薬が増えてきています。

 

 ・「タムシール」 

 ・「メンソレータムエクシブ」

 ・「ダマリングランデ」

 

がこれにあたります。

 

あれ以来過去のような水虫に悩まされることは起きていません。

しかしときどきですが夏場になると少しかゆみが出たりすることがあるので、そのときはラミシールを塗ればすぐに治ります。

 

まとめ

 

今回は20年以上治らなかった水虫が治った市販薬についてお話しました。

わたしが経験したよく効く薬とはラミシールATクリームです。

 

ラミシールは2004年に市販薬として認可され簡単に手に入れることが出来るようになりました。

水虫の原因である白癬菌に直接作用し強力に効果を発揮します。

 

わたしは色んな市販薬を試しても水虫が治りませんでしたがラミシールを塗ったら嘘のようにあっという間に治ってしまいました。

出会うまでに20年以上もかかってしまいましたが。

 

水虫で悩んでいる人やなってることにも気付いていない人が多いのが日本の現状です。

水虫はすぐに治りますのでしっかりと薬で治療をしましょう。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加