大山千枚田へのアクセスは?立ち寄りスポット、見頃時期とは?

千葉の魅力と言えば海!そして房総になります。

春~夏にかけておすすめなのが、イチゴ狩り・琵琶狩り・お花摘み・海水浴が大人気でありがたいことに千葉に来てくれる県外の方々がたくさんいます~。

食事はもちろん海の幸が豊富でおすすめです。

そんな千葉ですが、みなさんは鴨川にある「大山千枚田」という田んぼの景色をご存知でしょうか?

もしかしたらガイドブックには載っているかもしれませんね!

実は私、御朱印巡りが好きでしてふら~っと2歳の息子と2人で鴨川ドライブに行った帰りに、スマホで急遽検索して行ってみたんです。

写真を見てこんな景色本当に見られるのかな?なんてちょっと疑いました。

ほら、最近の写真って盛れるじゃないですか?

あと撮る人の技術次第で大した景色でもないのに、ものすごくよく見えたり・・・

木更津のウユニ塩湖がいい例で・・・・(笑)

主人が地元だけあって失笑でした。

そんな疑った気持ちで行ってみた大山千枚田は、天気も時期もベストな日で景色も写真通り!!ちょっとした感動でした。

駐車場から景観ポイントまでは坂になっていますが、近いので小さいお子さんがいても大丈夫だと思います。

そんな大山千枚田の見頃情報について実際行った感想と共にお伝えしたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

大山千枚田の基本情報

【名称】

大山千枚田(おおやませんまいだ)又は棚田倶楽部

東京から一番近い棚田と言われていて、3.2haの土地に大小様々な375枚の田んぼが階段のように連なっています。

農林水産省の“日本の棚場百選”に認定。

*特徴

日本で唯一、雨水のみで耕作を行っている天水田になります。

現在は景観を維持するために、NPO法人大山千枚田保存会によるオーナー制度を導入しており都市農民に農業体験の場を提供しているそうです。年7回の農業体験ができるみたいです。

【住所】

〒296-0232 千葉県鴨川市平塚 540

【営業時間】

9:00~16:00

【定休日】

火曜日

【お問い合わせ】

04-7099-9050(NPO法人大山千枚田保存会)

【駐車場】

無料(20台程度)

*駐車場としてはきちんと整備されていません。台数的にも多い方ではありませんが

観光バスが何台も来ない限り駐車場には苦戦しないと思います。

私が行ったのは平日の午後でしたが、車は7台ほどいました。駐車場の回転率は良かったです。

【拝観料】

無料

*棚田自体は私有地になるので、あくまでも外側から景色を眺めるという形になります。

千枚田の中に入って写真撮影などはできません。

【眺望・景観スポット】

【トイレ】

駐車場に設置されています。

たしか和式トイレだったような気がします。

【ペット連れ】

OK

注意)歩いてポイントまで行くときは歩道がありません。

道はカーブが多いので歩いているときに車がすれ違う時は気を付けて下さい。

【お店】

近くに1件

「古民家連ストラン 棚田カフェごんべい」

住所 千葉県鴨川市546-1

電話 04-7099-9052

営業時間 9:00~16:00(ランチ 11:00~14:00)

定休日 火曜日

駐車場から大山千枚田に徒歩で向かう途中に見えたので近かったです。

 

大山千枚田へのアクセスは?

【住所】

〒296-0232 千葉県鴨川市平塚 540

※ナビ設定をすると出ました。

都心からのアクセス

東京湾アクアライン→館山自動車道→

富津館山道路 鋸南保田IC出口右折、県道34号(長狭街道)を鴨川方面へ。

※赤字は共通

立ち寄りスポット

県道34号線(長狭街道)を通っていると「Café&meal MUJIみんなみの里」という看板を目にします。無印良品が運営する道の駅のようなお店で2018年にオープンしたばかりです。お時間があればちょっと行ってみるのもいいですよ~。

テレビでも放送されていました。MUJIカフェは平日でもお昼時は30分待ちでした。

まだオープンして間もないためか混んでいます。

バス

JR外房線 安房鴨川駅から「金束行き」乗車、「釜沼」下車 徒歩20分

 

小さいお子さん連れは車がおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

大山千枚田の見頃は?

やはり一番の見頃と言えば、棚田に水が張られ田植えが終わったばかりの時期ではないかな?と個人的に思います。

調べてみると田植えが始まるのが4月の下旬~5月の中旬だそうで、千葉エリアではだいたい5月のゴールデンウィーク中に色々な場所で田植え風景が見られます。

棚田倶楽部ではその時期にフォトゼミのスケジュールもあったので、やっぱりその時期が良いと思います。

私が行った時期はちょうど田植えが終了したばかりの晴れの日だったことが判明。

どおりで絶景に感動したわけです!!

5月半ばのみならず、四季折々の棚田の風景写真もチェックしましたがその時期ならではの良さがあることも分かりました。

*見頃時期*

・春【4月~ 5月】棚田に水が張られた田植えの時期

・夏【6月~ 7月】稲の成長期・【8月~9月】稲刈り期

・冬【12月~2月】閑散期(特に雪が少し積もった状態の棚田)

・朝日の時間帯

・夕日の時間帯

・天気はもちろん晴れが◎、青空に白い雲がかかるのも◎

私は午後に訪れたので、大山千枚田を初めて目にして夕日の時間帯まで滞在したいなって思ったほどです。

それぞれ見てみたい時期に訪れてみてくださいね。

大山千枚田では10名以上の団体に限るようなのですが、色々な体験ができるようです!参考はこちら→「www.senmaida.com/about_senmaida/

3歳以上から参加できるものも募集していたので気になる方はチェック!

 

まとめ

大山千枚田は四季折々で楽しむことができる棚田の絶景を千葉県鴨川市で見ることができます。

房総は海だけではありません。山もいいです!

個人的におすすめなのは5月中旬。

天気は晴れている方が景色は映えます!

小さいお子様連れでももちろん大丈夫!!

10月中旬あたりからライトアップも開催されている模様です。

一度行ってみて感動したら、夜の絶景も楽しんでみてはどうでしょうか?

このときばかりは参加費がかかるようです。

色々な時期の大山千枚田をお楽しみください。

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加