授乳中の食事でカレーは大丈夫?赤ちゃんの夜泣き、下痢、湿疹に関係はある?

出産後、赤ちゃんに授乳しながら子育てをしている方は、お母さんが食べる食事にも気を使いますよね。

私も子育てをした時、母乳で育てましたので、栄養面など考えながら食事をしていました。

が、うっかり食べてしまって、大丈夫かな!?とハラハラして心配になってしまった食べ物も多々ありました。

それは、「カレー」です。

美味しいのでモリモリ食べた後、「しまった!スパイシーが効いてるカレーを食べてしまった。授乳しちゃった。もしかしてスパイスとか何か刺激の強いものも、母乳と一緒に赤ちゃん飲んじゃったかな…お腹壊したり、具合悪くならないかな…」

などと、心配したり、後悔したことはありませんか?

でも、大丈夫です。安心して下さいね。うちの子は全然問題ありませんでした

その後も、たまにカレーを食べますが、様子はいつもと変わらず元気でした。うちの子が丈夫だったのかもしれませんが、そこまで気にしなくてもいいかもしれませんよ。

 

スポンサードリンク

 

授乳中の食事でカレーは大丈夫?

 

授乳中は、妊娠中よりも、食事制限がほんとにたくさんあって大変だと感じるお母さんも多いと思います。

塩分が高いもの脂っこいものはNG。ケーキなど洋菓子もNG。

スパイスの入っているカレーもNG。もちろんアルコールも…。

実際、こんなに制限を徹底していたら、ストイック過ぎて大変…と感じますよね。

人によって様々ありますが、一般的に、授乳期間は1歳前後まであります。長い期間の食事制限は、かなりストレスですよね。

今回は、授乳中カレーを食べてしまった場合ですが、お母さん、あまり心配しすぎなくても大丈夫ですよ

授乳で気をつけたいことは2つ。

「赤ちゃんが嫌がらない味にすること」と、「乳腺がつまらないようにすること」です。

赤ちゃんが嫌がる味と、好きな味は、その子その子によって違うので、わが子の飲みっぷりが良ければ問題ないと判断していいと思います。

お母さんが、特に気にせず食べても問題ない人もいますし、質素な食事にしないと問題が生じてしまう人もいます。

お母さんが、カレーを食べて授乳した後、機嫌や寝つきが悪いおっぱいを嫌がるいつもよりお腹がゆるい、などの時、特に思い当たる事がなければ、カレーが原因かも知れません。

ただ、どんな食品にしてもそうですが、基本的に「食べ過ぎなければ大丈夫。」です。

 

 授乳中のカレーは赤ちゃんの夜泣き、下痢、湿疹に関係ある?

PNGイメージ 2

 カレーなどのように、香辛料や塩分、脂分が多く含まれていると、母乳も味が変わってしまいます

母乳の味が変わると、飲まなくなってしまう赤ちゃんもいます。

けれども、母乳の味が変わったとしても、いつも通り飲んでくれる赤ちゃんもいます。カレーを食べたからといって、全員が母乳の味が変わるわけではありません。

母乳の味が変わって、美味しくないと感じて嫌がってしまったり、飲む量が減ってしまった赤ちゃんは、頻繁に泣くなど機嫌が悪くなってしまう場合もあります。

お腹が空いて、夜泣きの回数が増えたり、逆に興奮して寝なくなってしまう赤ちゃんもいます。

母乳育児の場合、もともと便が柔らかいのですが、お母さんがカレーを食べることで、香辛料に弱い赤ちゃんですと、便がゆるくなったり、下痢になってしまう子もいます。

また、香辛料に敏感な赤ちゃんですと、消化に負担がかかり、湿疹が出来てしまう場合もあります。

ですので、カレーを食べると湿疹がでたり、下痢になりやすい赤ちゃんの場合はカレーを食べるのを控えたり、カレーレシピを工夫した方が良いかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

授乳中でも安心して食べられるカレーレシピとは?

PNGイメージ

授乳中でも安心してカレーを食べたいあなた。

ポイントは、2つです。

  • 栄養バランスを考えて、様々な具材を入れること
  • 香辛料やニンニクなど、刺激の強い食材を控えること

このポイントをおさえていれば、あとは自分のお好みでカレーを作って安心してカレーを食べて下さい。

簡単なレシピをご紹介します。

トマトとサバのカレー

材料〈2人前〉

  • サバの水煮缶…1缶
  • 玉ねぎ…1個
  • セロリ…1本
  • トマト…2個
  • オクラ…5本
  • ショウガのみじん切り…1かけ分
  • オリーブオイル…小さじ1
  • 塩…1つまみ
  • あたたかいご飯…300g
  • カレー粉…小さじ2
  • 干しレーズン…2つまみ
  • マーマレード…大さじ1
  • ヨーグルト…100g
  • しょうゆ…小さじ1
  • オイスターソース…小さじ1

作り方

  1. 玉ねぎ、セロリは薄切りにする。トマトはざく切りにする。オクラはさっと茹でて半分に切る
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、セロリ、ショウガ、塩を入れて、弱火で10分炒める
  3. トマト、A、水100CCを入れ、10分煮込む
  4. サバを缶汁ごと加えて、5分煮る
  5. うつわにご飯を盛って、4をかけ、オクラを添える

 

ヘルシーカレー

〈材料〉4〜5人前

  • じゃがいも…2個
  • 人参…1本
  • 玉ねぎ…1〜2個
  • トマト…1個
  • 鳥もも肉…1枚
  • ショウガ…2片
  • ローストガーリック…少々
  • オリーブオイル…大さじ1
  • カレールー…1/4箱
  • ウスターソース…適量
  • トマトケチャップ…適量
  • ご飯…4合分

〈作り方〉

  1. じゃがいもは食べやすい大きさに切り、人参は太めのいちょう切り、玉ねぎは薄くスライスします
  2. お湯を沸かし、トマトを湯むきします。その後トマトを1㎝角にカットしておきます
  3. ショウガは皮をむいて、すりおろしておきます。鶏肉は、食べやすい大きさに切っておきます
  4. 鍋にオリーブオイルを入れて、ローストガーリックと、ショウガを入れて、香りを出します
  5. 4に鶏もも肉を入れて炒め、色が変わったら、玉ねぎ、人参の順に炒めます
  6. トマトも加えて軽く炒めたら、最後にじゃがいもを入れて、水をひたひたに入れます
  7. 20分程、野菜が柔らかくなるまで煮ます。途中灰汁取りも忘れずに
  8. 一旦火を止め、ルーを入れます。適量のウスターソースとケチャップを入れながら味見をして、再びとろみがでるまで煮込みます
  9. 約10分ほど煮て完成!ちょっとサラッとしてますが、食べやすいですよ。ちなみに、カレールーは甘口を使ってます

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私も赤ちゃんは授乳で育てましたが、カレーも普通に食べてました。

うちの子は湿疹やお腹をこわすということはなかったので、気にせず食べてましたね。

お母さんの食べたもので母乳は作られますが、あまり食事に神経質になりすぎてストレスをためるよりも、たまには、お母さんが好きなもの、食べたいものも食べていいと思います。

その方が、幸せホルモンがたくさん出て、母乳もよく出ると思いますよ。

楽しく子育てしてくださいね。

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加