子供の血液型はいつ調べるといいの?

自分の子供の血液型って分かりますか?

出産後すぐ、いろいろ検査はありますが、そのときは血液型は調べてくれませんよね。

では、いつ子供の血液型を知ることができるのでしょうか。

小さいうちは、そこまで血液型を知るのに、急ぐこともないかもしれませんが、「万が一なにかあったら?!」と考える親御さんもいることでしょう。

子供の血液型が知りたいという方へ、私の体験も含めて、調べてみましたので、参考になれば嬉しいです。

 

スポンサードリンク

 

子供の血液型どうして教えてくれないの

CEDC0567-8A14-47F7-881E-F5B827B77B64

今の病院では、どうして出産後にすぐ血液型を調べてくれないのでしょうか。

血液型を知るには、血液の血漿(けっしょう)の中にある、抗A型抗体と抗B型抗体を調べなくてはいけません。

実は、産まれてすぐの赤ちゃんの場合、血液型を決めるその抗体が少なく、赤血球側にある抗原の力も弱いため、反応がしっかりしていないことが多く、正確な検査結果が出ないのです。

そのため、現在のところは病院でも、はっきりとした結果が得られないので、調べないところが多いのですね。

子供の血液型は、赤血球側の抗原が強くなるまでに約1年かかり、血漿内の抗A型抗体と抗B型抗体が体の中でできあがるまでに、2年〜4年かかると言われています。

早くても2歳くらいで、血液検査はできるのですが、確定じゃないことも覚えておくといいかもしれませんね。

 

子供の血液型はいつ調べるといいの

6B75755F-DED1-48BC-8366-F79FA6485BAC

では、子供の血液型はいつ調べるのがベストなのでしょう。

年齢的なところでは、前項で書いたように、4歳を過ぎるとある程度はっきりした血液型を調べられることになります。

緊急を要する場合なら、病院でその時に調べてくれますし、正確な結果が出ないなら、急いで調べる必要はないかもしれませんね。

もし、「血液型占いをしたいから、早く知りたい!」というのなら別ですけどね。

また、タイミング的なところですが、我が家の場合は、娘が1歳を過ぎた頃に、食べ物で蕁麻疹のようなものが出てしまい、アレルギー検査を行いました。

その時に、一緒に「血液型も知りたい」というのを伝えると、「分かりましたー」とすんなり調べてくれましたよ。

ただ、今思うと、娘が1歳過ぎたばっかりだったので、正確な結果ではないんですよね。

知り合いから、「血液検査するなら血液型も一緒に聞いたらいいよ!」とアドバイスがあったのでそうしたのですが、娘の場合は少し早かったかなと思っています。

今5歳を過ぎたので、娘の血液型は、あとでまた再検査してみようと考えています。

血液型を調べるためだけに、痛い注射で血を取られ、ぎゃんぎゃん泣く子供の姿を見るのは、親としてはとても可哀想ですよね。

我が家のように、何か血液検査をするタイミングがあれば、それと一緒に調べてもらうのが、子供の負担を軽くできるので、一番いいと思います。

ですが、4歳を過ぎていなかったり、そんなタイミング良く血液検査をすることなんて、きっとほとんどないですよね。

私の個人的な意見ですが、血液型を小さいうちに無理に調べなくても、日常生活にはほとんど支障はありません。

緊急の場合は病院で調べてくれますので、注射の痛みを我慢できる5歳くらいの年齢まで待ってから調べても、遅くないのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

子供の血液型の検査方法や費用は

BE4D4A34-78D4-49CC-8D99-7E018FD620D3

血液型を調べる検査は、子供も大人も同じ、「ABO血液型検査」というものを行います。

腕や手の甲から血液を採取して、赤血球側のA型抗原とB型抗原を調べ、さらに、血漿側の抗A抗体と抗B抗体の有無を調べて、A型・B型・O型・AB型と診断するのです。

費用は、血液型を調べることだけが目的であれば、1,000円〜3,000円くらいで行える病院がほとんどのようですが、その場合、自由診療枠になるため、病院によって料金もかなり変わるみたいです。

私の娘の場合は、アレルギー検査のついでだったので、プラス1,000円いかないくらいで、やってもらえました。

ちなみに、地元の総合病院の小児科です。

この費用に関しては、全国的にも差がかなりあるようなので、調べたいと考えている病院に、前もって聞いてから、検査に行った方がいいかもしれませんね。

 

まとめ

子供の血液型は、4歳を過ぎないと正確な検査結果が出ません。

もしかしたら、今20歳を越えて社会に出ている人たちの中にも、4歳よりも前に血液型検査を行い、その結果を親から言われて、そのまま信じているという人もいるのではないでしょうか。

血液型の検査は、大人も子供も同じように行います。

小さいうちに無理して調べなくても、生活に支障がないのなら、大人になってから行うのも有りだと私は思います。

血液型を調べる費用は、基本的に保険が効かないことが多いので、少なからずかかることにはなりますが、病院によっては、別の血液検査と一緒に、安く調べられたりもします。

もし、緊急の場合は、必ずそのときに血液型は調べてくれるので、産まれたばかりの赤ちゃんや、小さい子供の検査はやらなくてもいいかもしれませんね。

少しでも子供の負担にならないように、調べるタイミングを考えてあげながら、必要な時は病院に問い合わせてから、行なってあげましょう。

 

 

スポンサードリンク     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加